ましも歯科診療所

詰め物・被せ物

  • HOME>
  • 詰め物・被せ物

セラミックで歯を白くしてみませんか?

お口の中の銀歯が気になる方へ

お口の中の銀歯が気になる方へ

保険診療の場合、虫歯治療で歯を削ると銀歯の詰め物・被せ物を入れることになりますが、銀歯の大きなデメリットとして「ギラギラと目立って口元の見た目が悪くなる」ということが挙げられます。特に下の歯に入れた場合、奥歯であっても大きくお口を開けると目立ってしまう場合があります。

こうした銀歯の見た目が気になる方が、お気軽に高槻市真上町のましも歯科診療所へご相談ください。当院では銀歯を白くて透明感のあるセラミック素材の詰め物・被せ物に入れ替えることで、口元を美しく保つ治療(セラミック治療)をご提供しています。セラミックなら口元を美しく見せることが可能で、さらに金属を一切使用しないので金属アレルギーが起こる心配もありません。お体に安全な状態で、まわりの歯と馴染んで自然な口元を作り上げることが可能となります。

銀歯の問題は見た目だけではありません

銀歯の問題は「見た目」だけにあるわけではありません。長期間、入れ続けることで金属イオンが溶け出して金属アレルギーを引き起こす場合があります。また、セラミックと比べて銀歯は歯との適合性が低いので、隙間ができて虫歯菌の侵入を許し、虫歯の再発を招く恐れがあります。

このような銀歯のデメリットから、現在の歯科医療では銀歯を使用しない「メタルフリー治療」が主流となりつつあります。セラミックを使った治療の場合、健康保険は適用とならず自費診療となりますが、お体の健康や見た目の美しさを考えた場合、それだけのメリットは十分あると言えます。

ただし、どういう治療方法を選ぶかは患者様が決めることですので、当院では各治療方法のメリット・デメリットをよくご説明したうえで、選択していただくようにしています。決して無理に自費診療をおすすめしたりはしませんので、安心してご相談ください。

保険診療と自費診療の違いは?

保険診療は「最低限の機能の回復」

保険診療は最低限の機能の回復を目的としているため、見た目の美しさや、機能性の高さなどを追求するのは難しいと言えます。また使用できる素材は限られ、詰め物・被せ物の作製工程にも制限がありますので、「より質の高い治療を受けたい」ということでしたら自費診療を検討された方が良いでしょう。

保険診療のメリット・デメリット
メリット
  • 費用が抑えられる
デメリット
  • 見た目の美しさや、機能性の高さなどを追求するのは難しい
  • 使用できる素材が限られる
  • 作製工程に制限がある

自費診療は審美性・機能性が追究できます

保険診療に対して、自費診療は費用がかかりますが、審美性や機能性を追求することが可能で、より患者様のご希望にかなう治療がご提供できると言えます。審美性の高いものなど、様々な素材の中から希望のものを選ぶことができ、作製工程にも制限はありません。またセラミックは銀歯よりも適合性が高いので虫歯の再発が予防しやすく、汚れの付着・変色もほとんど起きないので快適に使用し続けることが可能です。そして金属不使用なので金属アレルギーの心配もありません。

自費診療のメリット・デメリット
メリット
  • 審美性や機能性を追求することが可能
  • 様々な素材の中から希望のものを選ぶことができる
  • 作製工程に制限がない
  • セラミックは適合性が高いので、虫歯の再発が予防しやすい
  • セラミックは汚れの付着・変色がほとんど起きない
  • セラミックは金属不使用なので金属アレルギーの心配がない
デメリット

健康保険が適用されないので費用がかかる

自費診療の詰め物・被せ物の種類

ジルコニア

「人工ダイヤモンド」にも使用される、強度に優れているジルコニアを使用して作製されるオールセラミックの被せ物です。見た目の美しさだけでなく、高い耐久性が期待できるので、噛む力の強い奥歯でも安心してお使いいただけます。

メリット
  • 強度に優れていて、噛む力の強い奥歯でも安心
  • 天然歯に近い白さと透明感がある
  • 汚れの付着・変色がほとんど起きない
  • 適合性が高いので虫歯の再発が予防しやすい
  • 金属不使用なので金属アレルギーの心配がない
デメリット
  • 自費診療なので費用がかかる
  • まわりの歯と色調を合わせるのが難しい場合がある
  • 天然歯よりも硬いので、噛み合う歯を傷つける恐れがある

e-max

新しいセラミック素材で、高い透明感が特徴です。まわりの歯と馴染みやすいので、目につきやすい前歯でも安心してお使いいただけます。また、適度な柔軟性があるので、噛み合う歯を傷つけにくいという特徴もあります。

メリット
  • 透明感が高く審美的
  • まわりの歯と馴染みやすいので、目につきやすい前歯でも安心
  • 適度な柔軟性があるので噛み合う歯を傷つけにくい
  • 汚れの付着・変色がほとんど起きない
  • 適合性が高いので虫歯の再発が予防しやすい
  • 金属不使用なので金属アレルギーの心配がない
デメリット
  • 自費診療なので費用がかかる
  • 強い衝撃を受けると稀に割れる場合がある

メタルボンド

内側のフレームに金属を使用して、外側にセラミックを焼き付けた被せ物です。セラミックを使用しているので審美的で、内側が金属なので高い強度が期待できます。奥歯でも安心してお使いいただけます。

メリット
  • 天然歯に近い審美性が期待できる
  • 内側が金属なので高い強度が期待でき、奥歯でも安心
  • 汚れの付着・変色がほとんど起きない
  • 適合性が高いので虫歯の再発が予防しやすい
デメリット
  • 自費診療なので費用がかかる
  • 使用する金属は、金・白金の合金の為金属アレルギーの原因となる恐れはほとんどない

詰め物・被せ物の費用